礼服TOP

礼服とは?同じ黒でも実は別物!礼服・喪服・ビジネススーツの違いを徹底解説

お祝いやお悔やみの場面では礼服が必要になりますが、

「結婚式やお葬式ではどんなスーツを選べばいい?」
「”礼服”と”喪服”の違いが分からない…」

なんて不安になりますよね。

そこでこの記事では礼服と喪服の違いから、選ぶべきおすすめの礼服まで詳しくご紹介。

突然の時でも、慌てず参列できるようしっかり備えておきましょう!

執筆者

The Style Dictionary編集部

ライター・編集 都築

アパレル店員を経て、ビジネスファッションに関する知識を広めるべく、The Style Dictionary編集部のライターに。
主にメンズファッション、スーツ、ビジカジスタイルが得意。

{アウトライン}

1. 礼服・喪服について

礼服とは

礼服とは、冠婚葬祭の儀式典礼の際に着用するフォーマルスーツです。

結婚式に参列する際には、

  • 儀式典礼に対し敬意を表す
  • 会場に合わせたふさわしい装いをする


といった意味で正しい礼服の着用を要求されます。

フォーマルスーツ

礼服は主に、結婚式、式典で着用します。

男性の礼服には、

  • 正礼装…モーニングコート、タキシード
   新郎新婦の父親、主賓が着用
  • 準礼装…ディレクターズスーツ、ブラックスーツ
   新郎新婦の親族、主賓が着用
  • 略礼装…ダークスーツ
   友人、同僚が着用


の3種があり、立場によって着るスーツが異なります。

礼服の種類

礼服種類

喪服とは

喪服は礼服の一種です。

喪服は、お葬式で近親者が喪に服す際に着用します。

喪服にも、立場によって着るスーツが異なります。

  • 正喪服…モーニング
   遺族、喪主が着用
  • 準喪服…ブラックスーツ
   葬儀参列者が着用
  • 略喪服…ダークスーツ
   通夜で一般弔問客が着用


喪服の場合、準喪服であるブラックスーツが一般的な喪服を指しています。
迷ったらブラックスーツを着用していきましょう。

喪服の種類

喪服種類

執筆者

TSD編集部・都築

現在は、葬儀では遺族や喪主もブラックスーツを着用している場合が多いです。
突然の通夜で喪服が用意できない場合、なるべく暗い色のスーツを着用しましょう。

2. ビジネススーツと礼服の違い

ビジネススーツを礼服で代用した場合、ある違いにより会場で悪目立ちしてしまいます。

この章ではビジネススーツと礼服の違いについてご紹介します。

①色合いの違い

同じ黒いスーツであっても、ビジネススーツと礼服では色の染め方に違いがあります。

色の違い

生地の違い

礼服の色は漆黒と呼ばれている濃い黒色です。

一方、ビジネスの黒は少し礼服と比べてグレーっぽい色に見えます。

②素材の違い

また、生地の光沢感にも違いがあります。

礼服光沢を抑えたマットな生地
主にウール100%素材の生地を使用

ビジネススーツ光沢や艶感がある生地
主にウール×ポリエステル素材の生地を使用

ポリエステルはウールに比べ艶感があり、生地に光沢がでます。

ポリエステル素材はストレッチ性など機能性に長けているため、ビジネススーツで使用させることものが多いです。

光沢感の違い

光沢の違い

会場では礼服を着用している人が多い中で、2つを並べてみると、違いがはっきり表れます。

そのため、ビジネススーツやリクルートスーツを礼服として代用するのは避けましょう。

番外編:デザインの違い

他にも礼服には

  • AMFステッチなし…襟部分にステッチが入っていない
  • ノーベント…後ろ裾部分に切れ目がない


などと、細かな部分でビジネススーツとのデザインに違いがあります。 

デザインの違い

デザインの違い

しかしながら、近年はこのようなデザインが省略された喪服が多くなっています。

もし、本格的なフォーマルスーツを検討の際はここのポイントも押さえてみましょう。

執筆者

TSD編集部・都築

ちなみに、ジャケットの形は「シングル、ダブルブレスト」どちらでも大丈夫です。

3. 慶弔両方使うならブラックスーツ

この章では、結婚式とお葬式で両方使える便利なスーツであるブラックスーツについてご紹介します。

ブラックスーツとは

ブラックスーツとは、礼服、喪服のどちらでも準礼服として着用できるスーツです。

ネクタイを付け替えれば、結婚式とお葬式の両方に参列できます

ブラックスーツネクタイ違い

(左)結婚式・披露宴(右)お葬式・お通夜

ブラックスーツ選びのポイント

ブラックスーツを選ぶ際は、なるべく黒が濃く、無地、光沢がないものを選びましょう。

お店によっては、結婚式のみを想定した、光沢のあるブラックスーツを販売しているお店もあります。

ブラックスーツ

また、裾の形はシングルにしましょう。
股下の長さは、座っても靴下が出ないように、靴の甲にワンクッションするくらいがベストです。

ダブルの裾はカジュアルな印象のデザインのため、フォーマルシーンでは相応しくありません。

両方使いできるブラックスーツを選ぶ際は「生地の色と光沢」「裾の形」に注意しましょう。

  • {商品1}
  • {商品2}

関連商品はこちら

長期間着れるブラックスーツを選ぶコツなど詳しくは「失敗しないブラックスーツの選び方」をチェック!

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

礼服には様々な種類があり、式典や立場によって着用するスーツが異なります。

その中でも、ブラックスーツを1着持っていれば、

  • 結婚式・披露宴では、華やかな装いで着用
  • 葬儀・告別式では、喪に服し着用


と場面によって着分けて参列することが可能です。

普段スーツを着ない方も、礼服を持っていない方も、1着用意しておくことをお勧めします。

執筆者

TSD編集部・都築

最後に各シーンごとの着こなしやマナーについての記事をまとめましたので参考にしてみてください!

結婚式のアイテム別に疑問を解決。
詳しく知りたい方はチェック!

お葬式の疑問を解決。
詳しく知りたい方はチェック!

公式LINE友だち追加

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事