オフィスカジュアルメンズ

メンズオフィスカジュアルのポイント|マストアイテム&コーデ術を徹底解説

近年、オフィスカジュアル化が進む企業が増えていますが、
「スーツ以外の仕事着はどれを選べばいいか分からない」
「仕事着でカジュアルってどこまでが平気なの?」

など、悩むポイントがいろいろありますよね。

そこでこの記事では、オフィスカジュアルのポイントから、おすすめのアイテム&コーディネートを詳しく解説します。

オフィスカジュアルを着こなしたい方、アイテム購入を検討されている方は是非参考にしてみてください!

執筆者

The Style Dictionary編集部

ライター・編集 都築

THE SUIT COMPANYで今まで1,000名以上の方々へビジネスウェアの販売を経験したのち、TSD編集部に。
メンズ、レディース両方のビジネス、フォーマル、ビジカジスタイル関連についての豊富な知識を持つ。

{アウトライン}

1. オフィスカジュアルのポイント

この章では、オフィスカジュアルファッションを着こなす際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

①ジャケット、襟付きのトップスできちんと感を演出

altテキスト

ジャケット、もしくはシャツなどの襟の付いたトップスを着るだけできちんと感が演出されます。

ビジネスの場として、きちんとした服装を心掛けたい方は取り入れてみましょう。

また、カットソーやTシャツなど襟無しのトップスでも、ジャケットを羽織るだけでビジネス感が演出できますので、置きジャケもおすすめです。

②色味で迷ったらネイビー、グレーがおすすめ

ネイビー、グレーコーデ

色で迷ったら、ネイビーグレーをベースに選びましょう。

この2色は、清潔感があり、シックで落ち着いた色味なのでオフィスにも馴染みます。

少し、カジュアルなカラーを取り入れる場合は、ベージュブラウンカーキなどがおすすめです。

③着用しやすく、お手入れしやすい素材や機能

機能性

オフィスカジュアルではビジネスシーンで着用されるウール素材以外にも、コットン素材ポリエステル素材も取り入れてみましょう。

  • コットン素材⋯ハリコシが強く丈夫で、カジュアル感を演出しやすい素材
  • ポリエステル素材⋯ウォッシャブルやストレッチ性の優れたジャージー素材など着心地や機能性に優れた素材


なお、ウール素材でも、秋冬シーズンには起毛したフランネル素材は、カジュアルな雰囲気で保温性も高くおすすめです。

オフィスカジュアルのポイントまとめ

  • ジャケット、襟付きトップスでオフィス感を演出
  • ネイビー、グレーをベースに合わせるのがおすすめ
  • コットン素材、ポリエステル素材でカジュアル感を演出

2. オフィスカジュアルのマストアイテム

この章ではオフィスカジュアルで、揃えておきたいマストアイテムをご紹介します。

①ジャケット

ジャケット

ジャケットはオフィスカジュアルでもきちんと感を演出できるマストアイテムです。

ジャケットを選ぶ際のポイントは、スーツの様な肩パットなどの芯地の無いアンコンジャケットを選びましょう。

また、ツルツルとした光沢のあるクリアカット素材はスーツ見えするため、光沢がない生地のジャケットがおすすめです。

カジュアルなジャケットをお探しの方はこちらの「テーラードジャケットで迷ったらこれ!おすすめコーデ&選ぶポイントを徹底解説」も是非チェック!

関連商品をチェック!

②トップス

トップス

トップスは、シャツカットソーニットなどがおすすめです。

デザインはシンプルなものがオフィスにマッチしやすいです。

また、カーディガンやニットベストなどを合わせるのもおすすめです。

ジャケットに合わせたトップスをお探しの方はこちらの「ジャケットに合うインナーを解説!実践ビジカジコーデから着回し術までご紹介」も是非チェック!

関連商品をチェック!

③パンツ

パンツ

パンツはクリースライン(パンツの折り目)の入ったスラックスがきちんと感を演出できます。

なお、スラックスは裾の長さがポイントです。
裾は直立した際、靴に裾が乗らないノークッションがおすすめです。

カジュアルな雰囲気のオフィスの場合は、チノパンやデニムも合わせてみましょう。

関連商品をチェック!

④シューズ

シューズ

シューズは、先端の丸い革靴ローファーがおすすめです。
また、レザー素材以外に、スエード素材を合わせるとよりカジュアルな服装にマッチします。

カジュアルが浸透しているオフィスの場合は、スニーカーを合わせてスポーティーなコーデもおすすめです。

関連商品をチェック!

⑤バック

バッグ

オフィスカジュアルの服装に合うバックとして、トートバックバックパックがおすすめです。

トートバックは、ビジネス以外に、普段使いも合わせやすく、キレイ目なコーデを演出できます。

また、たまにスーツを着る機会がある場合は、ブリーフケースとバックパックの2パターンで活用できる2wayバックもおすすめです。

オフィスカジュアルマストアイテムまとめ

  • ジャケット光沢がない生地、芯地の無いジャケット
  • トップスシャツ、カットソー、ニット
  • パンツスラックス、裾の長さはノークッション
  • シューズ先端の丸い革靴、ローファー、スニーカー
  • バッグトートバック、バックパック

3. オフィスカジュアルコーディネート

この章では、オフィスカジュアルでのマストアイテムを使用したコーディネートをご紹介します。

オフィスカジュアル鉄板のネイビー×グレーコーデ

オフィスカジュアルメンズコーデ1

オフィスカジュアルコーデの定番といえるネイビー×グレーコーデ

清潔感ときちんと感が同時に演出でき、インナーをシャツにすることで更に好印象に

足元は、ローファーで合わせ、カッチリしすぎないカジュアル感が演出されています。

  • {商品1}
  • {商品2}

さらっと羽織って着こなすカーディガンコーデ

オフィスカジュアルメンズコーデ2

カジュアルできれい目な演出ができるカーディガンは、オフィスカジュアルな職場に最適。

全体的にモノトーンにまとめられた統一感で、オフィスの雰囲気にもマッチします。

パンツをスラックスにすることで、カジュアルすぎる印象にならないのもポイントです。

  • {商品3}
  • {商品4}

爽やかでスポーティーなカジュアルオフィスコーデ

オフィスカジュアルメンズコーデ3

オフィス内での服装として、きちんと感のあるシャツに、スラックスを合わせたコーデ。

足元をスニーカーにすることで、カジュアル感とスポーティーさを演出。

バックパック両手が開くため、自転車通勤などでも最適です

  • {商品5}
  • {商品6}

インナーをカットソーで合わせたカジュアルセットアップコーデ

オフィスカジュアルメンズコーデ4

セットアップ×カットソーで、清潔感ときちんと感な雰囲気に加え、適度なカジュアル感を演出。

更に、セットアップにスニーカーを合わせたトレンドコーデ。

キレイ目な印象になるトートバッグは、オフィスカジュアルコーデにぴったりのアイテムです。

  • {商品7}
  • {商品8}

落ち着きと大人っぽさを演出させるグレージャケットコーデ

オフィスカジュアルメンズコーデ5

グレジャケットは、ネイビーよりも更に落ち着きと大人っぽさを演出してくれます。

グレーの色味は、ミディアムグレーくらいがベストです。

足元もグレーで合わせたまとまりのあるコーディネートです。

  • {商品9}
  • {商品10}
執筆者

TSD編集部・都築

コーディネートの一番のポイントは清潔感です。
派手すぎるデザインや色味、汚れやシワなどには注意しましょう。

4. まとめ

最後に改めて、オフィスカジュアルを着こなす際に、特に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

オフィスカジュアル着こなしポイント

  • ジャケット、襟付きのトップスできちんと感を演出
  • パンツの裾は靴に裾が乗らないノークッション
  • 清潔感を意識して、派手すぎるデザイン、色味は控える

ご紹介したアイテムやコーディネートを参考に、オフィスカジュアルファッションを楽しみましょう!

公式LINEリンク

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事