袖口デザインの違いや特徴を教えて!

【ドレスシャツの疑問】袖口デザインの違いや特徴を教えて!

スーツの時も、ジャケパンの時も、クールビズの時も、冠婚葬祭の時も、ほぼ必ず着用するのはドレスシャツ。こちらでは、ドレスシャツに関する、素朴な疑問についてお答えしていきます! 
今回は、「ドレスシャツのこの袖口デザイン、なんて呼べばよい?」の疑問についてお答えしていきます。

{アウトライン}

1.ドレスシャツの袖ディテールについて

ドレスシャツの袖口は、主に「カフス」「剣ボロ」などのパーツで構成されています。特に「カフス」は、たくさんのデザインバリエーションがあります。

「○○カフス」とよく耳にするものの、どんな形なのか? 違いは何なのか? と戸惑うことはありませんか? 以下で、各カフスのデザイン特徴について解説していきます!

2. 袖口デザインの特徴について

2-1. ラウンドカフス

ラウンドカフス

袖口の角を丸くカットした、シングルカフス。(シングルカフスは、折り返しのないデザインです。)もっとも流通している、ベーシックなデザインです。

2-2. カッタウェイカフス

カッタウェイカフス

袖口の角を斜めにカットした、シングルカフス。シャープな印象を与えるデザインです。

2-3. ツーボタンカフス

ツーボタンカフス

ボタンが縦に2個ついたカフス。シングルカフスやターンナップカフスなどに用いられます。手首にしっかりフィットする、エレガントなデザインです。

2-4. ダブルカフス

ダブルカフス

袖口を折り返して二重にしたカフス。カフリンクスで留める、装飾性の高いドレッシーなデザイン。フレンチカフスとも呼ばれています。

2-5. ターンナップカフス

ターンナップカフス

ボタンを留めた上から折り返しのあるカフス。手元をエレガントに演出するデザインです。ミラノカフスとも呼ばれています。

2-6. アジャスタブルカフス

アジャスタブルカフス

(左)外側のボタンを留めて袖口を広く調整。 (右)内側のボタンを留めて袖口を狭く調整。

ボタンが2個ついており、袖口の幅を調整できるシングルカフス。内側のボタンを留めて袖口を狭くすることによって、長めの袖であっても、もたつかないように調整できる、機能的なカフスです。

2-7. コンバーチブルカフス

コンバーチブルカフス

(左)カフリンクス着用時の表側。 (右)カフリンクス着用時の裏側。

普通のシングルカフスとしても、カフリンクス留めとしても使える、まさにコンバーチブル(2種類の様式に転換できる)なカフスです。通常のボタンホールは、カフスの片側のみ開いていますが、コンバーチブルカフスは、カフスの両端にボタンホールが開いています。

3. 袖口のおしゃれはカフリンクスが決め手

袖口のおしゃれはカフリンクスが決め手

左から順に「リボン&ボタン」「レザー×メタル」「カメラモチーフ」「紐組カフス」デザインです。

袖口からちらっとのぞくカフリンクスは、さりげなく個性やおしゃれが発揮できるポイント。ただし、フォーマルなウエアリングの場合、格式高いカフリンクス(白蝶貝、黒蝶貝、真珠など)がふさわしい場合があるので注意しておきましょう。

4. その他の【ドレスシャツの疑問】は・・・

「○○の部分って何て呼べばいいの?」という疑問には、、
【ドレスシャツの疑問】この部分なんて呼べばよい?各部位の名称について

「○○カラーってどんな形してる?」という疑問には、
【ドレスシャツの疑問】襟型の種類やデザイン特徴について知りたい!

「○○生地ってどんな生地?」という疑問には、
【ドレスシャツの疑問】どんな素材・生地・色・柄があるの?

をご覧ください。

関連商品をチェック!

公式LINEリンク

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

関連キーワード

あなたにおすすめの記事