オーダースーツの「オーダー」って何?

【オーダースーツのカスタム方法】オーダースーツの「オーダー」って何?

自分のためだけに作られた、世界に一着だけのオーダースーツ。作ってみたいけれど、なんだかハードルが高そう…と、感じている方が多いのでは?? こちらでは、注文(オーダー)方法オーダー可能なポイントを解説。不安を解消して、自分だけの一着を作ってみましょう!

{アウトライン}

1. 「オーダースーツ」って何?

「オーダースーツ」って何?

オーダー・メード・スーツを略してオーダースーツと呼んでいます。「オーダー・メード」は和製英語で、お客様の体形や好みに合わせて仕立てられる「注文服」のこと。カスタム・メード(米)や、ビスポーク(英)とも呼ばれています。
では、既製服とは異なり、何をオーダー(カスタム)することができるのでしょうか?? 注文の流れに沿って、カスタムポイントを解説!

2. オーダーでできること①:「生地」を選ぶ

  • 「生地」を選ぶ

  • カスタムポイント

オーダースーツを作る上で、一番の楽しみとも言える生地選び。自分好みの「色」「柄」であることは大前提として、その他に、

■カスタムポイント■
・原産国(日本製、イタリア製、イギリス製…)
・ブランド(レダ、カノニコ、ゼニア、ロロピアーナ…)
・素材(ウール、シルク、リネン…)
・シーズン(夏用、秋冬用、通年用…)
・機能(撥水、接触冷感、防しわ…)

など、生地を選ぶ際に確認しておくべきポイントが盛りだくさん。生地一つ一つに個性があるのです。自分の要望(例えば、通年着られるもの。光沢があるもの。シワになりにくいもの。など)を伝え、オーダー店のプロと相談してみましょう!

関連記事:生地について詳しく知りたい方はこちら「【オーダースーツの生地の選び方】イタリア・イギリス・国産生地の特徴とおすすめブランド」をご覧ください。

3. オーダーでできること②:「スタイル」を選ぶ

既製スーツは、ジャケット・パンツ・ジレの各アイテムを組み合わせた状態で販売されています。オーダースーツの場合、各アイテム毎に、体型に合ったサイズや好みのデザインを選ぶことができるのです。例えば「Mサイズのジャケット・Lサイズのパンツ・Sサイズのジレ」の組み合わせもOKです。それでは、各アイテムごとに、オーダー(カスタム)ポイントを解説!

3-1. ジャケット

ジャケットモデル

 

ジャケットモデル

イタリアンクラシックをモダンにアレンジした「ナポリモデル」や、より都会的でシャープな「ミラノモデル」、スーツのルーツスタイルをモダンにサイジングした「ブリティッシュモデル」、モダンで細身の「モードモデル」など、様々なモデルがサイズバリエーション豊富に用意されています。自分に似合う一着を探して、カスタムしていきましょう!

■カスタムポイント■
・デザイン(シングル/ダブル…)
・ボタンの数(2つボタン/3つボタン/段返り…)
・襟(ピークドラペル/ナローラペル…)
・ポケット(バルカポケット/チェンジポケット/パッチポケット…)
・ベント(ノーベント/センターベント/サイドベンツ)

3-2. パンツ

オーダースーツのパンツは既製スーツと異なり、ジャケットのサイズやモデルに制約されることなく、自分好みのサイズやモデルを自由に選び、組み合わせることができます。履き心地の良いパンツを探して、カスタムしていきましょう!

■カスタムポイント■
・シルエット(テーパード/ストレート/ブーツカット…)
・タック(ノータック/ワンタック/ツータック…)
・股上(ローライズ/ハイライズ…)
・裾(シングル/ダブル/モーニング…)
・ベルトループ、サイドベルト

3-3. ジレ

ジレは、スーツスタイルを、オシャレに格上げしてくれる便利なアイテム。ジレもパンツ同様、自分好みのサイズやモデルを自由に組み合わせることが可能です。Vゾーンにマッチする最高のジレを探して、カスタムしていきましょう!

■カスタムポイント■
・デザイン(シングル/ダブル…)
・ボタンの数(5つボタン/3つボタン…)
・襟(ノーカラー/テーラードカラー…)
・ポケット(胸ポケット/腰ポケット…)

4. オーダーでできること③:「ディテール」を選ぶ

スーツのベースが決まったら、細かなディーテールやパーツも決めていきましょう!

4-1. 裏地

裏地も色・柄・素材のバリエーション多くそろっています。表地に近い色を選んだり、鮮やかな挿し色を選んだり、個性を発揮できるポイントでもあります。

4-2. ボタン

  • ボタン

    (左)本水牛ボタン(右)本ナットボタン

  • カラーバリエーションも豊富

    カラーバリエーションも豊富。

  • 本貝ボタン

    本貝ボタン。絶妙な色合いや艶感がキレイ。

  • メタルボタン

    メタルボタン。ブレザーっぽい雰囲気に。

生地の色に合わせて、ボタンの色や素材も選べます。本水牛ボタンや本ナットボタンなど高級天然素材のボタンが、オーダースーツをより一層の魅力的に格上げしてくれます。アクセントになるカラーを選べば、ややカジュアルな印象に仕上がります。

4-3. ステッチ

  • AMFステッチ

    ラペルに配した、AMFステッチ。

  • ダブルステッチ

    こちらは、ダブルステッチ。

AMFステッチとは・・・元々テーラーがラペルをしっかり押さえシャープにするために施したハンドステッチをミシンで表現。アメリカのメーカー「American Machine & Factory」社の頭文字を取ったステッチのこと。
襟のエッジを押さえ、落ち着かせることできれいに保つ効果があり、型崩れを防ぎます。極めてスローでローテンションに施すため、時間を要すリッチな仕様です。

4-4. 伝統的なディテール

クラッシックディティールパック

クラッシックディティールパック

「ユニバーサルランゲージ メジャーズ」と「ザ・スーツカンパニー」では、通常であればオプションとして別途料金がかかる仕様を「クラシックディテールパック」という標準装備によって、無料でご提供しています。
かつてのマイスターたちが、胸ポケットのバルカ仕様、袖口本開きなど、美しいディテールを追求してきました。その伝統の技術と細やかな配慮を受け継いでいます。

UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S

5. まとめ

サイズがビジッと合うのはもちろんのこと、好みのデザインやディテールが盛り込めるのがオーダースーツの良いところ。迷った時はプロに相談して、自分好みの一着を作り上げてみましょう。オーダースーツを着て、既製服では味わえないプレミアム感をお楽しみください!



UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S(ユニバーサルランゲージ メジャーズ)のオーダースーツがおすすめ!早速チェック!


 

公式LINE友だち追加

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事