テレワークTOP

【テレワークの服装】テレビ会議映えを狙うならコレ!おすすめレディースアイテム

テレワークには、テレビ会議がつきものですが、これがまた、女子の悩みの種でもあります。

(年配の男性上司にはなかなか理解してもらえないかもしれませんが、、、)
“ばえ”命な女子としては、仕事中だって、少しでもキレイに、かわいく映りたいところ。だがしかし、画面に映る自分の姿を見て、ちょっとがっかり…。

そんなお悩みが少しでも解決するように、おすすめアイテムやモーニングルーティーンについてもご紹介していきます。

{アウトライン}

1. テレワークとは?

テレワークとは?

日頃、テレ!テレ!言ってますが、「テレワークの」本当の意味を知っていましたか?
厚生労働省が定めるテレワークの定義では・・・

テレワークとは「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のこと。Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。要するに本拠地のオフィスから離れた場所で、ICTをつかって仕事をすることです。テレワークは働く場所で分けると、
・自宅で働く在宅勤務
・移動中や出先で働くモバイル勤務
・本拠地以外の施設で働くサテライトオフィス勤務

があります。

出典:テレワーク総合ポータルサイト

この3つの働く場所の中ですと、自宅で働く在宅勤務を選択している方が多いのではないでしょうか?

2. おうちの中だから部屋着のままでOK?

パジャマやルームウエアのまま過ごすのはNG!きちんとお仕事着に着替えましょう。
テレワークと言えども、働く場所がいつもとちょっと違うだけで、お仕事はお仕事! つまり、社会人として恥ずかしくない、働くための服装が大前提となります。

パジャマやルームウエアのまま過ごすのはNG!

自宅だとなかなか、働くやる気スイッチが入らない…そんな方は、
いつものモーニングルーティーンで、「オフ(プライベート)」と「オン(ビジネス)」のメリハリをつけて、生活リズムを整えてみましょう。例えば、、、

●起床
時間があるから寝坊するのではなく、いつもと同じ起床時間にして、一定の生活リズムを保ちましょう。さらに、カーテンをパッと開けて朝日を浴びることで、体内時計がリセットできるみたいです。
また、白湯を1杯飲んでみてはいかがでしょうか? 一晩でカラカラになった体に潤いを与えて代謝アップの効果が期待できるそうです。

●みじたくを整える
はみがき、洗顔、スキンケア、メイク、ヘアセット、着替えなど、仕事をする上で相手を不快にさせない清潔感のある身支度は、社会人としての最低限のマナーです。
ただ、お家にいるのに、ガチガチに頑張り過ぎちゃうと息がつまっちゃうので「ファンデーションをお休みしてみる」「コテを使わずラフにヘアセットしてみる」など、程よく力の抜けた在宅ルーティーンを探してみましょう。

●朝ごはん
今日一日、働いてくれる身体に、エネルギーチャージしましょう。しっかり食べる派、軽く食べる派、それぞれのお好みや体調に合わせて調整してみてくださいね。

●始業までのちょっとしたブレイクタイム
いつものルーティーンで準備を進めていくと、始業までにかなりゆとりのある時間が取れるのではないでしょうか? おそらく、通勤に充てていた時間ですね。この貴重なスキマ時間は、家事、軽い運動、資格勉強など、今まで朝の時間にできなかったことを行い、効率的&有意義に過ごしてみましょう。この日一日の、充実度がかなり高まるはずです!

3. テレビ会議で画面映えを狙うためには?

さて、在宅勤務中に、頻繁に行われている、Zoom会議やMeet会議などの「テレカン(teleconference)」。
キレイめなオフィススタイルに着替えて臨んだのに、PC画面で自分の姿を見ると「映えてない・・・(涙)」なんてことはないでしょうか? 
実は、画面映えを狙うための、ちょっとした服選びのコツがあるんです!

3-1. テレカン映え「トップス」

テレカン映え「トップス」

顔映りが明るくなるような、鮮やかなカラーがおすすめ。

オフィススタイルで良く着るトップス「ブラウス」「カットソー」「ニット」は、テレワークの時にも難なく使えます。
トップスの色は、顔映りが明るくなるような、鮮やかなカラーがおすすめです。画面映えを狙うだけでなく、キレイな色を身に着けることで、落ち込み気味な気分を高めていきましょう!

PCの画面上では、直接見るよりも、くすんだり、ぼやけてみえやすいので注意してください。
■白っぽいトップスを着ると、背景と同化したり、白飛びしやすいので、顔面蒼白気味に。
■黒っぽいトップスを着ると、顔色が暗くなり、顔だけが浮いて見えやすい。
■ベージュや淡いパステルカラーは、肌なじみが良すぎて、画面全体的に同じ色味になってしまう。


さらに、画面映えを狙っていくなら、襟ぐり・胸元・肩・袖口など、顔まわりに近い部分にギミックを効かせてみましょう。たとえば、ボウタイ、フリル、シャーリング、タック、パイピング、メタルパーツなど、立体的なディテールがあるおかげで、より一層華やかさが増して、ぐっと目を惹くポイントになります。

顔まわりに近い部分にギミックを

ボウタイ・シャーリング・タック・パイピングなど、立体的なディテールがあるおかげで、画面がのっぺりしない!

  • {商品1}
  • {商品2}

3-2. コーデ時短「ワンピース」

コーデ時短「ワンピース」

ワンピースは、一発でコーデが決まるので、お悩み時間をぎゅっと短縮!

ワンピースの魅力は、なんといっても、コーディネートのお悩み知らずなところ。おまけに、動きやすくて着ていて楽ちんなところも◎ これって通勤着にはもちろんですが、テレワーク中の服装としても、大大大活躍しちゃいます。
テレワーク中心の日々だと、人と直接会う機会が減ってしまいますが、ワンピースを着て常に女子力を高めておきたいものですね♪

画面映えを狙うなら、襟ぐり袖口などのデザイン性が高いワンピースを選ぶと良いでしょう! ワンピースは、全身バランスを重視しがちですが、この場合は、画面に映りこむ上半身のデザインに注目してください。

襟ぐりや袖口などのデザイン性が高いワンピース

画面に映りこむ上半身部分に、アクセントになるデザインがあれば、なお良し◎

  • {商品3}
  • {商品4}

関連商品の購入はこちら

3-3. きちんと見え「羽織りジャケット」

きちんと見え「羽織りジャケット」

ボタンで閉じないのにきちんと見えする「フェイクダブルブレストジャケット」
ホワイトボタンのアクセントも効いてます!

ちょっとお堅めのテレビ会議の場には、きちんとジャケットを羽織って参加しましょう。カーディガンのようにさらっと羽織れる、軽めのジャケットがおすすめ。ストレスが少ない分落ち着けるから、いつもと違う発想で、お仕事のアイディアがどんどん湧いてきそうですね。

画面映えを狙うなら、カラーボタンパイピングなどをアクセントとした、デザイン性の高いジャケットを選ぶと良いでしょう!

パイピングアクセント

いろんなタイプのパイピングアクセント

  • {商品5}
  • {商品6}

関連商品の購入はこちら

3-4. 物足りない時のチョイ足しアイテム

チョイ足しアイテム

シンプルなトップスの時には、スカーフで華やかさをチョイ足し。

シンプル過ぎて物足りない…顔映りがパッとしない…そんな時は、顔まわりに華やぎをチョイ足ししてみましょう。例えば、、、

●スカーフを巻く。
●大ぶりのイヤリングやピアスつける。
●ヘアセットをアップスタイルにする。
●チーク、リップ、アイブロウなどのポイントメイクを少し濃くする。


などは、気軽に取り入れやすく、おすすめです。ただし、コテコテ&モリモリに盛りすぎるのはNGです! お仕事シーンにふさわしい、上品さを損ねないように、チョイ足し程度にとどめておきましょう。

大ぶりのイヤリングやピアス

大ぶりのイヤリングやピアスは、パッと目に入るから、画面映え間違いなし◎

  • {商品7}
  • {商品8}

4. まとめ

在宅勤務では、「オフ(プライベート)」と「オン(ビジネス)」のメリハリをつけることが重要になります。そのうちの1つがお仕事着に着替えること。
テレビ会議映えを狙うならコレをチョイス!

・顔映りが明るくなる鮮やかカラーの『トップス』
・上半身に華やぎデザインのある『ワンピース』
・いざという時でもきちんと見えする『羽織りジャケット』
・華やぎ不足の時に『スカーフ』や『アクセサリー』のチョイ足し


ぜひ、気分が高まるコーディネートをして、素敵なテレワーク時間をお過ごしください!

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

関連キーワード

あなたにおすすめの記事