テーラード、ダブル、ノーカラーの着こなし術

【ジャケット着回しコーデ】テーラード、ダブル、ノーカラーの着こなし術

働く女性の定番アイテムと言えば、ジャケット
ただ、「真面目っぽくなり過ぎる」「毎回同じ着こなしになってしまう」と思っている人も多いよう。
しかし、ジャケットの形や色をこだわって選べば、組み合わせるアイテムによって印象をガラッと変えられる、優秀なお仕事着になります。

それでは早速、3タイプのジャケットを使った着こなしテクをチェック!
1つのジャケットでも、インナーやボトムスの合わせ方によって雰囲気がガラっと変わる様子をご紹介します♪

{アウトライン}

1. テーラードジャケット

オーソドックスな形の「テーラードジャケット」。ブラウスと合わせてかっちり着るのはもちろん、今期のトレンドである上品×ベーシックな“フレンチシックスタイル”にも外せない1着です。
オーソドックスな形といっても、ゆるやかなカーブがあるものや直線的なボクシータイプなど、美しいシルエットのものが多いことも特徴のひとつですよ。

テーラードジャケット

【Style1】
さりげなくウエストシェイプされたジャケットは、裏地をなるべく減らした清涼仕立て。袖口にスリットが入っているので、折り返して着ることもできます。半袖プルオーバーニットに、パステルカラーの九分丈テーパードパンツ、そして光沢感のあるドット柄のスカーフを取り入れた、華やかな大人カジュアルコーデです。

【Style2】
Style1のジャケットに、同じシリーズのスカートを合わせたセットアップ。
繊細かつなめらかなタッチで、ほどよい光沢があるので、セットアップで着用しても重くなる心配なし。さらにインナーに、アクセントが効いたブラウスを合わせれば、モノトーンでもシンプルになり過ぎず洗練された印象に。

  • {商品1}

2. ダブルジャケット

二列のボタンが特徴の「ダブルジャケット」。大人かっこいい、こなれた雰囲気を演出できます。
身幅がゆったりしているものが多いので、春先はアウター代わりに、夏は冷房などの防寒対策にもなり、重宝します。カッチリし過ぎると敬遠している方も多いかもしれませんが、最近は、生地やボタン使いなどに工夫が施されたカジュアル感のあるジャケットも多く、人気です。

ダブルジャケット

【Style1】
裏地がなく、軽くて薄い一重仕立てのダブルジャケット。ボタンを留めずに着るデザインになっているため、 重たくなり過ぎず、さらっとカーディガンのように羽織ることができます。
白いボタンも遊び心を感じさせるポイントに。
リネン風のさらっとした生地の白いパンツを合わせることで、クリーンな印象が完成。パンツはウエストベルトがないハイウエストタイプなので、脚長効果も♪

【Style2】ロング丈ジャケット×ミディ丈スカートの組み合わせは、華奢見え効果抜群とあって、最近人気を呼んでいるスタイル。ドットっぽく見える細かい花柄のプリーツスカートは、オンオフ問わず着られます。
ノースリーブの黒ニットの上に、ダブルジャケットを肩掛けすると、ぐっとこなれた印象に。

  • {商品2}

3. ノーカラージャケット

襟がない「ノーカラージャケット」。首回りがスッキリしているため、清楚で女性らしい着こなしを楽しめるのが特徴です。
きちんと感は保ちつつ、適度なトレンド感や個性を表現できるので、カーディガンの代わりに、オフィスカジュアルスタイルに取り入れる人が増えています。
軽やかな着心地で、オンオフともに幅広く活用できます。

ノーカラージャケット

【Style1】
今シーズンのトレンドカラーであるブラウンのノーカラージャケットに、セットアップのパンツを合わせたスタイル。リネンのような天然素材見えする生地を使用していて、暑い時期でも快適に着こなせます。
全体に色を抑えつつ、柄スカーフでポイントを。大胆な手書き風のストライプ柄で首元に華を与え、メリハリある色使いでコーディネートのアクセントに。

【Style2】ノースリーブのワンピースにStyle1と同じノーカラージャケットを合わせると、大人フェミニン感が際立ちます。ワンピースは、丸みを帯びたコクーンシルエットなので、体型カバーもばっちり。
ジャケットはストレッチが効いているので、アクティブなシーンでも大活躍!
袖にはスリットが入っているから、折り返したスタイルも様になります。

  • {商品3}

4. さらに詳しく知るには・・・

その他のジャケット着回しコーデ

その他のジャケット着回しコーデは、こちらからご覧ください!

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事