altテキスト

【カシミヤ100%ニット】Vol.2 お手頃プライスのヒミツ大公開!

ザ・スーツカンパニ―の今季イチオシ「カシミヤ100%のニット」が誕生。しかも、驚きのお手頃プライスを実現しました。それを記念して、カシミヤについて深掘りしていきます。Vol.2 の今回のテーマは、『お手頃プライスのヒミツ大公開!』です。それでは、どうぞ!!

{アウトライン}

1. おすすめカシミヤ100%のニット

まずは、商品のご紹介。

今回は「Vネック」「クルーネック」「タートルネック」の3つのデザインご用意しました。もちろん全て「カシミヤ100%」素材です。

気になるお値段は、3つのデザインとも「9,800円+税」です。

どれも使い勝手の良いシンプルなデザインです。コーディネートに取り入れやすいため、気軽に高級素材を堪能いただけます。

編地は、12ゲージの天竺編みを採用。身体に馴染みやすく、心地よく着用できる、程良い厚みに仕上がっています。

1-1. Vネック

  • altテキスト

    カラー:ミディアムグレー

  • altテキスト

    ジャケットINで着るとこんな感じ。

  • altテキスト

    カラー:ネイビー

  • altテキスト

    オフィススタイルにも◎

  • altテキスト

    カラー:モカ

  • altテキスト

    ネクタイが見える、程良い開きのVネック。

お仕事着にも、休日カジュアルにも着回しやすい、定番のVネック。顔周りがシャープに見える、程良い開きになっています。身頃は、程良いフィット感があってすっきり。1枚で着ても、ジャケットのINに着ても、コートを重ねても、もたつきはありません。(カラー展開は3色)

  • {商品1}

1-2. クルーネック

  • altテキスト

    首周り・袖口・裾がリブ編みでキュッと!

  • altテキスト

    カラー展開は4色。
    上から、オフホワイト、モカ、ミディアムグレー、ネイビー

  • altテキスト

    Tシャツ感覚で合わせた、1枚着&ジャケットスタイル。

  • altテキスト

    シャツ&ジャケットとのコーディネート。

  • altテキスト

    身頃は、程良いフィット感があってすっきり。

  • altテキスト

    キュッと閉まっていて上品なクルーネック。

襟ぐりがキュッと閉まっていて、品良く着こなせるクルーネック。こちらも同様、程良いフィット感があって、すっきりとした身頃になっています。Tシャツ感覚の1枚着スタイルも、ネックラインから襟を覗かせたシャツの重ね着スタイルも◎ (カラー展開は4色)

  • {商品2}

1-3. タートルネック

  • altテキスト

    着ていても見ていても、ホッコリするタートルネック。

  • altテキスト

    カラー展開は4色。
    上から、ネイビー、ミディアムグレー、モカ、オフホワイト

  • altテキスト

    ネイビー系のワントーンコーデ。

  • altテキスト

    落ち着いた色合いで、オフィスコーディネートに◎

  • altテキスト

    流行色のブラウン系でワントーンコーデ。

  • altテキスト

    女子ウケ間違いなし!ディナーデートにおすすめコーデ。

  • altテキスト

    落ち着いた色合いで、オフィスコーディネートに◎

  • altテキスト

    大人っぽく着こなすには、首周りのフィット感が大事。

今季のトレンド「英国調スタイル」を完成させるには欠かせない、タートルネック。着用感はもちろん見た目にも、温もりが感じられます。こちらも同様、程良いフィット感があって、すっきりとした身頃になっています。

おすすめのコーディネートはジャケットINスタイル。英国紳士のような大人っぽい雰囲気に仕上がり、休日はもちろんのこと、オフィススタイルにもぴったり! (カラー展開は4色)

  • {商品3}

2. お手頃プライスのヒミツ

2-1. カシミヤの品質は大丈夫?

カシミヤ100%で「9,800円+税」だと、品質に不安を感じる方も多いと思います。
今回使用したカシミヤの原毛は「モンゴル製」。モンゴルの中でも極寒地域に生息し、通常よりも長い毛を持つカシミヤ山羊から刈り取っています。

繊維の長さを比較すると・・・

通常は、 繊維長:32mm程度 太さ:13~16ミクロン
今回は、 繊維長:37~42mm 太さ:13~16ミクロン


繊維長が長ければ長いほど高級と言われており、ラグジュアリーな風合いが堪能できます。また、この地域では、カシミヤ山羊が自然放牧されているため、ナチュラルカシミヤと呼ばれています。

さらに、しっかりとカシミア製品の検査もされており、安心して着られるニットになっています。

品質は問題ナシ! むしろ、リッチな品質です! ご安心ください!

2-2. お手頃プライスのヒミツ

カシミヤ100%で「9,800円+税」を実現できた1番の理由は、生産背景でのコストカット。

通常は、カシミヤニットが作られる工程の中で、多くのブローカーを経由します。そのため、いくつものブローカーを経由するたびにコストがUPしてしまいます。

<通常の生産ルート>
原毛の刈り取り(A社:モンゴル)

紡績(B社:中国)コストUP

染色(C社:中国)さらに、コストUP

編立て(D社:中国)さらに、さらに、コストUP

altテキスト

(左)カシミヤ山羊の原毛 (右)毛を刈り取る道具

今回は、カシミヤの原毛の刈取り、紡績、染色、編立てまでの生産を全て、モンゴルのカシミヤメーカー「CASHMERE CONSEPT社」で行っています。一貫生産することで、ブローカーによるコストUPを防いでいます。

<今回の生産ルート>
原毛の刈り取り(CASHMERE CONSEPT社:モンゴル)

紡績(CASHMERE CONSEPT社:モンゴル)コストの発生ナシ

染色(CASHMERE CONSEPT社:モンゴル)コストの発生ナシ

編立て(CASHMERE CONSEPT社:モンゴル)コストの発生ナシ

altテキスト

原毛を紡績して、糸にする。そして、糸の時点で染色を行う。

身近な例で言えば、、、「近所のスーパーで野菜や魚を買うよりも、市場や直売所で買った方が安い」と、いう感じでしょうか。

ただ、誰でも市場に入れるわけではないのと同様に、ザ・スーツカンパニーだからこそ可能になった、今回の特別なルートによりコストダウンが出来ました。

altテキスト

糸を編立てると、製品が完成!

3. まとめ

・ON/OFF着回しやすいシンプルデザイン
・リッチな品質のニット
・お手頃の「9,800円+税」


という嬉しい三拍子がそろいました! 
ぜひ、「デザイン違い・色違い」でお手に取って頂けると嬉しいです。

こちらのニットはぜひとも長く愛用して頂きたいので、次のVol.3では、カシミヤニットのお手入れ方法をご紹介します。お見逃しなく!

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!