別注新型ラベンハム

【Begin掲載 Best Buy 200回記念】ココでしか買えない!幸“服”の新型ラベンハム

Begin1月号『Best Buy』に掲載の商品をご紹介していきます。今回、2003年5月号より連載の『Best Buy』が、なななんと200回を迎えました。いつもご覧いただきましてありがとうございます!

さてさて、前置きはこの辺にしておいて・・・それでは早速、イチオシ商品をご紹介していきます。ザ・スーツカンパニー初登場のLAVENHAM(ラベンハム)のキルティングアウターです。どーぞ!

{アウトライン}

1. LAVENHAM(ラベンハム)とは?

まずは、LAVENHAM(ラベンハム)とはどんなブランドなのか、調べてみました!

ホースブランケット

出典:http://lavenham.jp/about/

LAVENHAM(ラベンハム)は、1969年、ロンドン北東部サフォーク州の小さな美しい村『LAVENHAM(ラベンハム)』で設立されました。

創設者であるエリオットは当時、エリザベス女王に仕える女官でした。エリオットは、女王が乗る馬用の毛布(ホースブランケット)を作りました。ブランドロゴにお馬さんが描かれているのは、これが所以です。

ラベンハムのタグ

LAVENHAM(ラベンハム)のタグは、お馬さんとユニオンジャックがアイコン!

当時のホースブランケットは、ジュート麻を用いたキルティング生地だったため、保温性が悪く濡れやすいものでした。そこで、ナイロンを用いたキルティング生地に変更。丈夫で保温性の高いホースブランケットへ改良されたのです。

その頃、愛馬愛好家の間で「あのキルティング生地で作ったジャケット欲しくない??」「愛馬ちゃんと双子コーデしたいんですけどぉー」というような感じで、LAVENHAM(ラベンハム)が注目され始めました。そんなジョッパーたちの要望に応えるために、キルティングアウターが作られ、現代にもそのまま受け継がれているというわけなのです。※セリフは想像です。

これだけ長い間、愛され続けて『キルティングアウターと言えばラベンハム!』という支持を得ているのですね!

  • {商品1}

2. 世界中でココでしか買えない!別注レイドン

それでは、今回、別注したキルティングアウターの詳細をご案内します!

2-1. RAYDON(レイドン)とは?

レイドン

RAYDON(レイドン)の特徴でもある「襟~前立てにかけてのコーデュロイ生地」「スナップボタン留め」

LAVENHAM(ラベンハム)の歴史の中で長く愛用され、ブランドを象徴しているような定番モデル 『RAYDON(レイドン)』をベースにし別注しました。

『RAYDON(レイドン)』の特徴は、、、

・現代的な細身のシルエット
・カジュアルに合わせやすい短めの着丈
・スリムなアームホールと袖幅
・前開きはスナップボタン仕様
・襟、前立て、ポケット口のコーデュロイ生地


オーセンティックなデザインなので、オリジナルモデルをそのまま、スーツスタイルに合わせてもOK。
ただし、着丈を短めに設定しているため、キルティングアウターの裾から、ジャケットの裾がチラ見えしてしまう可能性アリなのです・・・

  • RAYDON20-JAの正面

    正面から見てもジャケットの裾がしっかり隠れていますね。

  • RAYDON20-JAの背面

    後も裾の飛び出しはありません。丁度ヒップラインくらいの丈感。

ということで、今回の別注では、オリジナルのRAYDON(レイドン)よりも少し着丈を長めに設定し、ジャケットの裾が隠れる着丈に調整しています。これなら、スーツの上から羽織ってもキレイなバランスで着用できますよ!

  • {商品2}

2-2. 英国MOON社のツイード生地

MOON生地

英国MOON社のツイードを使用したキルティング生地

LAVENHAM(ラベンハム)といえば、ナイロンやポリエステルのつやつやキルティング生地を思い浮かべますが、今回の別注企画は、贅沢にも英国MOON社のラムズウールツイードを使用しました!

今回のラムズウールツイードは、滑らかなタッチや、奥行きのある色合いが魅力です。あたたかみのある生地感なので、秋冬らしいニットとのコーディネートが相性抜群◎

さらに、表地だけでなく、裏地にもこだわりが↓↓↓

別注仕様として、あえて表地と裏地は異なるカラーをチョイス。裏地は、キルティングアウターを脱いだ時にしか見えない部分なのですが、、、ついつい、THE SUIT COMPANYらしいこだわりが炸裂してしまいました(照)ここぞという時に、お洒落アピールする時に、裏地のチラ見せよろしくお願いしますw

  • {商品3}

3. まとめ

コチラのキルティングアウターのおすすめポイントは、、、

・LAVENHAM(ラベンハム)別注。
・RAYDON(レイドン)モデルをベースに着丈を長めに変更。
・英国MOON社のラムズウールツイード生地。
・表地と裏地は異なるカラーを配色。
・同じMOON生地を使用したセットアップスーツあり。
・ニットと合わせやすい。


この冬のアウター選びに悩んでいたみなさま、こちらのキルティングアウター、候補にいかがでしょうか? ぜひ、店頭・オンラインショップにてご覧ください。Begin1月号『Best Buy』も合わせてよろしくお願いします!

ちょこっと出てきた「セットアップスーツ」と「ニット」ですが、別の記事で詳しくご案内します。次回もお楽しみに~!

  • {商品4}
  • {商品5}

掲載商品一覧

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事