スタイル別メンズコーディネートTOP

【リクルートスーツコレクション】スタイル別メンズコーディネート

ザ・スーツカンパニーは就活生のみなさまを応援しています!就活で好印象を与えるには、スーツを「きちんと着る」ことが大切。押さえておくべきスーツの基本ポイントや、最適なアウター、スーツ以外のマストアイテムについてご紹介します。

{アウトライン}

1. ベーシックスタイル

1-1. 基本の着こなし

メンズリクルートスーツの基本の着こなし


着こなしのチェックポイント
・初めての就活スーツには、職種を問わずに使える無地のブラックがオススメ。2着目はネイビーも◎

・ジャケットは肩幅と胸周りが重要。ボタンを留めたときに胸元の隙間が大きいとだらしなく見えるのでNG。

・シルエットが崩れるのでポケットの中には重いものを入れない。

・ジャケットのボタンはすべて留めず1番下を開けるのが正解。

・ジャケットより先に傷みやすいパンツ。2パンツスーツならスペアパンツがあるので長く着られて安心。

1-2. 各アイテムの細かな注目ポイント!

パンツ丈と袖丈

パンツ丈
だぼつかず、靴の甲に軽くふれるくらいの丈感がベスト。

袖丈
腕を下ろした状態でジャケットからシャツが1cm程度見えるように。

1-3. ネクタイについて

ネクタイ3柄

就活にはフレッシュな印象のレジメンタル柄を。ネクタイの色によって与える印象がガラッと変わるので、自分がなりたいイメージに合うものをセレクト。

関連記事:ネクタイの種類について詳しく知りたい方はこちら「【ネクタイの種類】実はバリエーション豊富!タイプ別に学べるネクタイ事典」をご覧ください。

ネクタイの結び方について
1.ネクタイを首にかけ、大剣(幅広側)を上に、ネクタイのつなぎ目あたりで交差させ、上に重ねた大剣を小剣(幅狭側)の裏側に回す。

2.裏側に回した大剣を前に巻き付ける。

3.大剣を内側にくぐらせ、巻き付けた輪の中に通す。

4.通した大剣を下へ引き、結び目が小さくなるように形を整え、小剣を引きながら結び目を上げれば完成。

関連記事:プレーンノットの結び方について詳しく知りたい方はこちら「【ネクタイの結び方】プレーン・ノットの美しい結び方・コツを動画で伝授!」をご覧ください。

2. 他のスタイルは?

メンズ3スタイル

2-1. ネイビースタイル

ネイビーのスーツで柔らかく爽やかな印象。ブルーのネクタイを合わせることで、誠実なイメージを演出。

2-2. コートスタイル

少し肌寒い日にさっと羽織れるコートがあると便利。シーンを問わず活躍するシンプルなステンカラーが◎ 室内へ入るときは、事前に脱いできれいにたたむこと!

関連記事:ステンカラーコートについて詳しく知りたい方はこちら「【メンズコートの人気スタイル】ビジネススタイルにはステンカラーコートがおすすめ」をご覧ください。

2-3. インターンスタイル

スーツを除く、インターンスタイルは、ネイビーのジャケットにグレーのパンツがオススメ。ボルドーのネクタイでアクティブな印象も◎

3. マストアイテムは?

メンズのマストアイテム

3-1. シャツ&ネクタイ

シャツはレギュラーカラーかワイドカラーを用意。カジュアルなボタンダウンはNG。連日の面接や説明会に備えて3枚以上あると安心。お手入れ簡単な形態安定タイプがオススメ。印象を大きく左右するネクタイは、色によって使い分けて上手に自分をアピール。

3-2. シューズ&靴下

2足使いが靴を長持ちさせるコツ。長時間歩いても疲れにくい、クッション性に優れたものだと心強い。フォーマル度が高い、つま先にラインが入ったデザインもオススメ。靴下は雨の日に備えて複数足準備しよう。

3-3. バッグ

床に置いても倒れない自立型が便利。就活中は荷物が多くなるので、A4ファイルがすっぽりと入る余裕のあるサイズを選ぼう。

3-4. ベルト&名刺入れ&ハンカチ

ベルトはシューズと色を合わせるのが基本。シンプルなバックルのものを選んで。名刺をもらったときに備えて落ち着いた印象の名刺入れがあると◎ 身だしなみアイテムのハンカチは常に携帯し、とっさに取り出せるようにしておく。

関連記事:入社後必要なアイテムについて詳しく知りたい方はこちら「新入社員・新社会人のスーツの選び方。何着必要?色や柄は?」をご覧ください。

4. まとめ

Men's | RECRUIT SUIT BY THE SUIT COMPANY |

関連記事:メンズのリクルートスーツについて詳しく知りたい方はこちら「Men's | RECRUIT SUIT BY THE SUIT COMPANY | 」をご覧ください。

この記事が気に入った方はいいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事