1. TOP
  2. PICK UP
  3. オーダーせずとも味わえる極上の着心地 HAND MADE SUIT

オーダーせずとも味わえる極上の着心地 HAND MADE SUIT

ザ・スーツカンパニーが “ディテール” “コスパ” ともに、既製スーツの最高峰としておすすめする、拘りの「ハンドメイド」シリーズ。
今回はその拘りを通常仕様(マシンメイド)と比較してご紹介します。

「ハンドメイドスーツ」シリーズを見る 

いくつもの細かい工程を経て誕生するスーツ。ザ・スーツカンパニーの「ハンドメイドスーツ」は、生産工程の約7割が通常の手法よりも手間のかかる職人の『手』による工程で占められています。大量生産品とは違い、まさに熟練の職人たちのハンドワークを駆使して生産されたスーツなのです。

比較① 襟(一枚襟)

ハンドメイド仕様

通常仕様

丁寧なクセ取りをすることで、襟部分のパーツを分けずに一枚で仕上げることができます。また、手作業により首に沿うような丸みと、きれいな上衿のライン(のぼり)を表現でき、多少腕を動かしても衿抜けせずに吸い付くような着用感を感じる事ができます。

比較② 袖(前振り袖・袖付け)

ハンドメイド仕様

通常仕様

丁寧な手作業によるアイロンワークで、袖は人体に合わせた前振りのきれいなカーブに仕上げます。 腕を通した際、干渉しないのでシワのない綺麗な袖になります。
また、袖付けの際、イセ量を十分に取る事で肩回りの運動量を確保し快適な着用感を感じる事ができます。

比較③ 裏地(袖裏地付け)

ハンドメイド仕様

通常仕様

職人による手縫いだからこそ、縫い糸にテンションの強弱をつけることができ、袖と身頃をつなぐ縫い目が程よく伸長します。
数ミリ単位での違いですが、これがあるだけで腕周りの可動域はかなり広く感じられるんです。

比較④ パンツウエスト(マーベルト後ろ)

ハンドメイド仕様

通常仕様

2枚のマーベルトをつなぎ合わせる際、本縫いで隙間なく固定する通常仕様とは違い、ハンドメイド仕様のパンツは手縫いで隙間を作りながら縫うため、ウエスト周りに程程よいストレッチ性が生まれ、着用感が格段に向上します。

その他にも、各所に職人の技と拘りが詰まったザ・スーツカンパニーの「ハンドメイドスーツ」。
既製のスーツではなかなか味わえない、スーツ本来の上質な着心地と佇まいをぜひご堪能下さい。

他にもおすすめ

PICK UP一覧